パーツクチコミ
アルテグラ

ULTEGRA Di2 6770系(リヤ10速)

SHIMANO/シマノ [コンポーネント]
みんなの評価
4.666665
  • レバータッチ
    4.333335
    4.3
  • 変速性能 (フロント)
    5
    5.0
  • 変速性能 (リア)
    5
    5.0
  • ブレーキ性能
    4.333335
    4.3
  • ルックス
    3.666665
    3.7
クチコミ:3
お気に入り クチコミ
カテゴリ コンポーネント

感動的な性能

2014.01.09 16:37
ログインするとプロフィールを見ることができます
 このコンポを使いたいが為に,搭載車であるバイクを選びました。
 バッテリーの残量を気にしなければならないリスクはありますが,それを補って余りある性能です。

 まず,なんと言ってもフロントの変速がスムースです。これだけはワイヤードでは再現できないのではないでしょうか。リヤの変速は,そこまでワイヤードと大差はないと感じていませんが,リヤスプロケのポジションによってフロントディレーラーが位置補正を行うので,チェーンとの干渉が見られにくくなります。(まったく無くなるわけではありません。)

 また,電子制御ですので,普段でのディレーラー調整が不要になります。これはありがたいです。

 メインスイッチが無いため,ひとつだけ注意しなければならない点があります。
それは表現が難しいですが『正しいポジションで保管する。』ことです。つまり,ディレーラーに負荷が掛かった状態で放置しないという事です。やってしまいがちなポカ(体験済み)をご紹介します。

 1,メンテナンスの際に,バッテリーの残量を知りたくて「ディレーラー変速ボタンを長押しする。」
  (注)長押しすると,インジケーターランプが「緑点灯」→「緑点滅」→「黄点灯」→「赤点灯」・・・
    と変化する。

 2,ディレーラーは「変速している」のに,チェーンが動いていないのでスプロケは「変速していない」
   ため,ディレーラーに負荷がかかってしまう。

 3,そのことをすっかり忘れる(笑)

 4,ディレーラーは,一生懸命チェーンを押し続ける。

 5,翌朝,バッテリー残量「0」であることに気付かず,バイクを車に乗せイベント会場に向かう。

 6,楽しみにしていたイベントを,変速しないピスト状態で踏破する苦行を味わう。

 こんなことが,皆さんに起こらないよう,お祈りいたします。

 
総合評価
5
  • レバータッチ
    5
    5.0
  • 変速性能 (フロント)
    5
    5.0
  • 変速性能 (リア)
    5
    5.0
  • ブレーキ性能
    5
    5.0
  • ルックス
    4
    4.0
コメント:0件 / 参考になった:1件
このクチコミへアクション! コメントを書く 参考になった

コメント

コメントはまだ登録されていません。