パーツクチコミ
カンタ エルゴ

Canta Ergo

PROFILE DESIGN/プロファイルデザイン [ハンドル]
みんなの評価
4
  • 上ハンの握りやすさ
    5
    5.0
  • 下ハンの握りやすさ
    5
    5.0
  • レバー操作のやりやすさ
    5
    5.0
  • 衝撃吸収性
    5
    5.0
クチコミ:1
お気に入り クチコミ
カテゴリ ハンドル

コスパ高いエアロドロップハンドル

2015.04.23 21:10
ユーザー 匿名ユーザー の写真
投稿者が退会しています
ログインするとプロフィールを見ることができます
SPEC
ハンドル幅40、42cm (C-C)
リーチ 70mm
ドロップ125mm
重量233g (42cm)
価格(税抜): 30,650円

最近流行ってるような気がするエアロドロップハンドル
他社のエアロドロップだとリーチ長が長かったり、ドロップ長が長かったり、エルゴシャローじゃなくアナトミックだったりとするのでこちらにしました。

自分での取り付けは各アウターケーブルを通すのにかなりの根気とコツがいります。
まず、車体にハンドルを取り付けたままアウターケーブルを通すのは素人には難しいと感じました。
おそらく、エアロドロップ系ハンドルのアウターケーブルを通した人ならその道のプロかドMじゃない限り 「出来れば二度とやりたくない」作業の一つになると思われます。

私はハンドルを車体に取り付ける前に、各アウターケーブルを通してから車体にハンドルを取り付けてからインナーワイヤーを通しました。

ハンドル自体の剛性はエアロドロップなので期待はしていなかったのですが、ホビーユースにはちょうどいい硬さでは無いでしょうか
衝撃吸収も結構してくれますし、以前使っていた極薄軽量アルミのドロップハンドルより下ハン握ってのダンシングもがっちりしています。
平らな部分もエアロドロップによくあるただの平面ではなく手のひらにフィットするように形成されています。

エアロ効果が実際あるかどうかは分かりませんが見た目のハッタリはかなりいいですよ!エアロロードにピッタリです。
プラシーボ効果は絶大かと思います。

アウターケーブルを通すにあたって、ケーブルの出入口にバリがある場合はヤスリなのどで削って下処理をしてからケーブルを通した方がいいかと思います。
私の場合は左側のSTI取り付け付近の穴の内側に結構なバリがあったのでケーブルを通す前にバリ取り処理を行いました。 (あんなバリがあったんじゃケーブルがズタズタになる)

取り付けにかなり苦労はしましたが、作業が終了すればかなり満足出来る製品だと思います。




総合評価
4
  • 上ハンの握りやすさ
    5
    0.0
  • 下ハンの握りやすさ
    5
    0.0
  • レバー操作のやりやすさ
    5
    0.0
  • 衝撃吸収性
    5
    0.0
コメント:0件 / 参考になった:0件
このクチコミへアクション! コメントを書く 参考になった

コメント

コメントはまだ登録されていません。